第36回成田市産業まつりにものづくり体験教室を出展しました(成田キャンパス)

2016年12月15日

平成28年11月19日(土)・20日(日)に成田市主催の第36回成田市産業まつりにものづくり体験教室を出展しました。

ものづくり体験教室は、若年者のものづくり技能に対する理解を深めるとともに、地域社会においてものづくり技能の重要性を広く認識していただくことを目的として、主に小・中高学生及びその保護者のみなさまを対象に実施しています。

当日は1日目は雨、2日目は晴れでしたが、延べ1400名を超える多くのお客様がお越しになり、ものづくりの楽しさを体感いただきました。

当日の様子

風船ロケットと厚紙トンボ作成教室の様子。当校の航空機整備科の講師と学生が担当しました。まっすぐ飛ぶ風船ロケットを作るため、翼の角度を色々と調整することにより構造と飛行機の関係を理解することが出来ます。また、厚紙トンボは、羽の角度を調整することによりトンボの飛ぶ高さが変わることを理解できます。

風船ロケットと厚紙トンボ作成教室の様子。当校の航空機整備科の講師と学生が担当しました。まっすぐ飛ぶ風船ロケットを作るため、翼の角度を色々と調整することにより構造と飛行機の関係を理解することが出来ます。また、厚紙トンボは、羽の角度を調整することによりトンボの飛ぶ高さが変わることを理解できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

%e3%82%b3%e3%83%9e%e5%a4%a7%e6%88%a6

缶バッチ作成教室とコマ大戦体感コーナーの様子。当校の生産技術科の講師と学生が担当しました。缶バッチマシーンは当校の総合制作実習(卒業研究)で学生が作ったものです。コマ大戦では学生や講師が機械加工して作ったコマを使ってコマ大戦を体験していただきました。

 

 

 

 

 

 

奥に映っている機械は当校(千葉キャンパス)のメカトロニクス技術科で学生が作成したクレーンゲームです。お菓子をゲットしてこどもたちも楽しんでくれました。

奥に映っている機械は当校(千葉キャンパス)のメカトロニクス技術科で学生が作成したクレーンゲームです。お菓子をゲットしてこどもたちも楽しんでくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当校では、小学生対象のイベントだけではなく、中学校・高校への出前授業も積極的に行っています。中学校・高校での出前授業、中学生・高校生の当校での模擬授業体験のご希望がありましたら、是非お電話ください。(TEL0476-22-4351)